江戸料理 八百善

  • Top Page
  • 十代目ご挨拶
  • 八百善ものがたり
  • 江戸料理と八百善
  • 八百善 江戸料理体験イベントのご案内
  • ブログ
トップ江戸料理と八百善 > 『江戸流行料理通』解説

江戸料理と八百善

  • 「江戸流行料理通」解説
  • 家伝、八百善レシピ
  • 魚ぞうめん(三種)
  • 八百善茶漬け
  • 沢煮椀
  • かつお浅煮
  • かつおのたたき

江戸の大ベストセラー『江戸流行料理通』

四代目主人栗山善四郎が著した『江戸流行料理通』。
江戸の料亭料理を詳らかに記した最初の料理本であり、具体的なレシピから調理器具の使い方など、
基本的な心構えなども記され、現代に江戸料理の伝統を伝える貴重な資料と言えます。
酒井抱一をはじめ、多くの時代の第一人者が寄稿し、
挿絵を入れたまさに江戸文化の粋とも言えるこの冊子は、70年にわたりロングセラーとなりました。
そして諸藩の武家や商家が江戸を訪れた際に、かさ張らず日持ちも気にならない
手頃な「おみやげ」としても喜ばれていたため、広く全国に流通。
八百善の名を全国へ広める効果的な広告としても機能していたようです。
中興の祖である四代目善四郎の企画・経営戦略として、この書を見つめてみると、
そのアイデア、実行力の一端を表すものと言えるでしょう。

Copyright 2011 KAPPOUYA YAOZEN. All rights reserved.