江戸料理 八百善

  • Top Page
  • 十代目ご挨拶
  • 八百善ものがたり
  • 江戸料理と八百善
  • 八百善 江戸料理体験イベントのご案内
  • ブログ
トップ八百善ものがたり > 八百善年表

八百善ものがたり

  • 八百善年表
  • 江戸文化と八百善
  • 将軍家と八百善
  • 八百善伝え書き
  • 「お土産付」八百善起こし絵(ペーパークラフト)

八百善年表

元号 西暦 できごと
慶長八年 1603年 徳川家康が江戸幕府を開く
明暦三年 1657年 振袖火事が起こる
大火後、浅草寺裏に吉原が移転、新吉原と呼ばれるようになる
(この大火の後、八百善も神田福田村より浅草・新鳥越へ移転したと伝わる)
宝永五年 1708年 初代善四郎没
享保二年 1717年 「八百善」創業の年とする(二代目善四郎の時代)
明和五年 1768年
四代目善四郎誕生
明和五年 1768年 八百善年商 1958両2分5朱2文
明和七年 1770年 二代目善四郎没
安永一年 1772年 田沼意次が老中に就任
田沼家から八百善へ折詰などの発注が相次ぎ、八百善も発展
天明七年 1787年 松平定信が老中に就任
寛政元年 1789年
寛政の改革が始まる
四代目善四郎、東海道の旅へ
享和三年 1803年 四代目善四郎、東海道の旅へ
文化二年 1805年 三代目善四郎没
文政五年 1822年
四代目善四郎、
「江戸流行料理通」初編刊行
文政七年 1824年
江戸時代のガイドブック
「江戸買物獨案内」刊行、
飲食の部に八百善が掲載された
文政八年 1825年 四代目善四郎、「江戸流行料理通」第二編刊行
文政九年 1826年
八百善にて
「玉菊百回忌」と
遺墨の披露を開催
文政十年 1827年 将軍家斉が八百善真崎の別荘へ御成り
文政十一年 1828年 四代目善四郎、「江戸流行料理通」第三編刊行 酒井抱一没
八百善年商 1957両1分1朱
文政十二年 1829年 八百善年商 1958両2分5朱2文
文政十三年 1830年
八百善年商 2383両2分15朱5文
年商は天保の改革で営業停止となった前後も
2500両前後を保ち続ける
天保二年 1831年 四代目善四郎の長男・久五郎が五代目善四郎を相続
四代目善四郎、八善翁を名乗る
天保三年 1832年 四代目と五代目、卓袱料理研究の旅へ
天保六年 1835年 四代目善四郎、「江戸流行料理通」第四編刊行
天保七年 1836年 天保の大飢饉 西丸様(家慶)八百善に御成り
天保八年 1837年
大塩平八郎の乱
天保九年 1838年 江戸大火で真崎の別荘が焼失
天保十年 1839年 四代目善四郎没
天保十二年 1842年
天保の改革始まる
八百善他三十五店、
遠山北町奉行より
白州に呼び出される
天保十四年 1843年 奢多禁止令による休業後、仕出しを始める
弘化一年 1844年 八百善再開
弘化二年 1845年 五代目善四郎没 四代目の次男・定七の長男・千太郎、養家より戻り、六代目善四郎を相続
安政一年 1854年 ペリー饗応の料理を百川と受け持つ 八百善亭改築
安政二年 1855年 安政の大地震 八百善全焼
安政五年 1858年 八百善年商 2143両25朱63文
文久二年 1862年 八百善年商 2931両3分3文4里
文久三年 1863年 八百善年商 2521両5分 銀9枚
元治元年 1864年 八百善年商 3389両4分2朱 銀6枚
慶応二年 1866年 八百善年商 3880両2分3朱200文
慶応三年 1867年 大政奉還
明治四年 1861年 八百善年商 4695両3分7朱8文
明治九年 1876年
上野公園に精養軒とほぼ同時期に
上野八百膳亭を出店
明治十一年 1878年
浮世絵で評判の店を紹介する
豊原国周の「開花三十六席」に
八百善が描かれる
明治十四年 1881年 上野八百膳亭閉店
明治十七年 1884年 七代目善四郎襲名
明治四十四年 1911年 八代目善四郎襲名
大正三年 1914年 八百善にて永井荷風と八重の再婚披露を開催
大正十二年 1923年
関東大震災で全焼
昭和二年 1927年 築地へ移転
昭和十八年 1943年 政府令により閉店
同年3月 空襲により築地の店舗が全焼
昭和二十七年 1952年 永田町へ移転(永田町にて再開)
昭和三十六年 1961年 永田町開店
昭和三十九年 1964年
八代目善四郎との対談をまとめた
江守奈比古の著書、
「懐石料理とお茶の話 八百善主人ものがたり」
(海南書房)刊行
昭和五十二年 1977年 青山店開店
昭和五十四年 1979年
九代目善四郎
八百善料理通「江戸のおそうざい」
(中央公論社)刊行
昭和五十六年 1981年 銀座へ移転
昭和六十一年 1986年
九代目善四郎の妻・栗山恵津子著
「食前方丈 八百善ものがたり」
(講談社)刊行
平成三年 1991年
宮尾登美子著 「菊亭八百善の人びと」
(新潮社)刊行
平成八年 1996年 両国・江戸東京博物館に新店舗開店
平成九年 1997年 銀座店を閉店
平成十年 1998年 新宿高島屋に新店舗開店
平成十三年 2001年 大江戸博物館の店舗を閉店
平成十五年 2003年 新宿高島屋の店舗を閉店
平成十六年 2004年 NHK総合テレビ 月曜ドラマシリーズにて「菊亭八百善の人びと」放映
平成二十二年 2010年 八百善再始動 通信販売を本格的に開始
Copyright 2011 KAPPOUYA YAOZEN. All rights reserved.